先週、お嬢様のお付き合いで見に行ったのは、あ~~~題名忘れちゃった・・・。
伊藤美咲ちゃんと大沢なんとかさんが主演している映画。
ウィンドサーファーである主人公がガンに蝕まれて・・・て話。
一言で申しますと、お涙頂戴。
泣いてください、感動してください、と怒涛の物語。
これって実話なので、TVで見ていた方も多いと思う。

私もTVで見ていたんです。
でもって思ったのは、実際の映像に勝る物なし。
私以外の方はほとんど泣かれていたと思います、そう、私は泣けなかったのよね。
ジワ・・・・っとは来るんだけど、泣くまではいたりませんでした。
感動したくって泣きたい方にはお勧めです。

てのひらの闇 (文春文庫)
藤原 伊織 / / 文藝春秋


今年、お亡くなりになられた藤原伊織さんの作品を始めて読みました。
主人公のリストラされた男がどんどん魅力的に、暴力的になっていくんだけど、優しくもなっていくようすが面白くって、一気に読んじゃいました。
何故だか年下の女性たちが放っておけない、少し頼りないけど、責任の取り方を知っている男って愛すべき人物です。
しばらく、この作家さんを追いかけ読みしようかなと思っております。


ハミザベス
栗田 有起 / / 集英社



私、この方の文体好きです。
小説を読んでいて、ストーリーは非常に魅力的なのに、文体というか行間に漂う雰囲気が合わなくって読み終えるのに苦労する作品ってあるんですよね。

ある日突然、死んでいると思っていた父親から遺産としてマンションを貰い、その中でハムスターも手に入れ、ハムスターにつけた名前が『ハミザベス』
普通に見える人たちなのに、実は突拍子も無い現実を背負っていたり。
だけど、そんな事には振り回される事など無く、淡々と生活を営むって楽しいんだ!って思えました。

もう一つのお話の『豆姉妹』も楽しい~!!
突然アフロヘアーにしちゃった妹さんがいとおしくなっちゃって(笑)
物凄く平凡な高校生と看護士の姉妹だと思っていたはずなのに・・・。
平凡が非凡に変わるって簡単なのよ。

お縫い子テルミーも引き続き読む予定でございます。


伝染歌 (講談社文庫)
秋元 康 / / 講談社



これはね~ホラーのパロディよね。
恐くないし!途中でオヤジギャグのようなどうしようもない駄洒落出てくるし・・・。
でも、秋元氏はあとがきで書かれていましたが、自殺はしちゃいけないってことを、お説教ではなくこういった手法で訴える事には大賛成です。
同じ事を、山田詠美さんの作品で読むいじめの件に関しても思うんだけど、お説教でも聞いてくれないと思う。
しようとしている子供たちに、しちゃいけない事って判ってもらわないと無くならないんでしょうね。

お話は、ある歌を歌うと自殺していく子供たちが続出して・・・。
歌ってしまった同級生を救うために、女子高生と3流雑誌の記者たちの奮闘記かな。
さすが秋元康さんが書かれているだけのことがあり、流行ものには敏感でございます。
もうすぐ映画も公開されるようなので、馬鹿馬鹿しいけどしっかりしたメッセージのある作品に期待です。

後は、浅田次郎氏・宮部みゆき氏の本については今更書かずとも良いかな~と(笑)

日が暮れるのが早くなってきましたね。
もう少し涼しい方がいいんだけれど、読書に浸れる日々が戻ってきましたね!
次は何を読もうか、本屋さんに行くのが楽しみ~~~!!!

[PR]

by yoshimi00721 | 2007-09-23 20:07 | お楽しみ

朝寝も出来たし、今日は日曜日を満喫よ。
近所のスーパーが珍しく、ハーゲンダッツの割引をしていたので買出しに。
しかし、お目当てのアイスは無かった・・・。
無難にチョコとイチゴ、キャラメルなんかを購入し、早速家でキャラメルを戴く。
気分的に贅沢している風に思っちゃうのね~。
お掃除やら、お洗濯なんかをこなし、金曜日に買ってきた本を読んでおりました。

公開間じかの「女帝」
チャン・ツィイーが主演の映画を小説化したものです。
シェークスピアの色々な物語を中国風にアレンジしたお話。
これは、小説として読むより、映像としてみたほうが面白いんじゃないかな~?
読んでいるとどうしてもシェイクスピアの原作を思い出して(笑)
中国宮廷物としては映画を見てみたい気持ちはします。
衣装とか装飾物なんかが豪華そうで、それを見るだけでも楽しそう。

日曜日に読書のお供といえば、勿論ビール!
ビール飲みながら、ユックリ本を読んでいるのって、これまたささやかな幸せってやつですよね。
酔っ払うほど飲んだらダメだけど、ほんのりアルコールが入っている位で読書するの大好き。


で、今からは焼酎戴きます~~~。
焼酎、立て続けに貰って、我家には現在3本の瓶がごろりと。
私は芋派なんですが、黒糖も美味しいし~。
体調回復と共に、お酒が美味しくって!
これまた、幸せでございます。

[PR]

by yoshimi00721 | 2007-05-13 19:14 | その他

やる気が何も起きないわ。
湿度も高いので、髪の毛モワモワ。
掃除をしたけど、拭き掃除は部屋の湿度が更に上がりそうなので、省略。
洗濯もしたけど、パリっと乾きそうにも無い。
お陰で、気持ちもだらけました~。

グダっとしているので、読書。
ダン・ブラウン著 「天使と悪魔」 上・中・下巻
お馴染みの「ダ・ヴィンチ・コード」の作者が書いた、探偵役のラングドン教授初登場作です。

この作者、キリスト教に何かあるのかしら?
そう思わざるを得ないほど、キリスト教にとっての痛いところを突いていいるのは、この作品でも同じ。
キリスト教vs科学者の集まる秘密結社が、今回の構図。
最後にドンデン返しがあるのですが。

謎解きの複雑さは、ダ・ヴィンチよりも面白かったです。
今回は、イタリアの観光地図さながらの名所旧跡めぐり。
建築物見るのが大好きな私には、よだれが出るほどの楽しさ。
そうじゃない人にとっては、ドウかしらね~。

陰で操る首謀者、殺人を犯す事で人のために成ると信じている暗殺者。
これに対する、主人公&父親を殺された娘。
う~ん、ダ・ヴィンチと同じジャン!
笑う程、芸が無い人物の構成です。
まぁ、この手のお話は謎解きがメインなので、そこら辺は適当でいいのかね。

謎解きが大好きで、長編読むのが好きで、カタカナの名前が苦じゃなく読める人はどうぞ。

他にも読んだのですが、なんだか面白く読めなかったので、無視(笑)
人それぞれだと思うので、私がつまらない作品を他の人は面白く思うかもしれないし。

お勧めの本があったら、是非に教えてください~。
最近はずれが結構多くて・・・。

[PR]

by yoshimi00721 | 2006-06-18 21:20 | お楽しみ

会社帰りにお出かけ続きだったので、睡眠不足でしたのね、今週。
金曜日、お風呂に入った後、ソファーでビールを飲んでいたら・・・そのまま夜中の3時過ぎまで爆睡してしまいました。
お風呂に入っていて、良かった!
気づいて、ベッドに直行。
今日の朝も9時過ぎまで寝ていたので、すいみん不足は解消した模様です。

今週末は、休養日です。
今日も、簡単にお掃除して洗濯した位です。
日がな一日、本読んでいました。

「しゃばけ」  畠中恵
日本ファンタジー大賞、優秀賞を受賞した作品です。
化け物系のお話が大好きなんです。
これも、面白かったですよ。

大金持ちの大店の一人息子、これが主人公。
体が弱くて、寝込みがちなので一人前として中々扱ってもらえないのが、悩み。
主人公に従者として付いている妖怪が二人?
「白沢」と「犬神」。
またこの妖怪たちが、主人公に対して過保護なの!
その過保護っぷりがすごいのよ。

お話としては、皆に内緒でお出かけした時に、殺人事件と遭遇した事で、事件に巻き込まれる。
ソレが発端となり、主人公の秘密(何故、妖怪に守られているのか?)が明かされるんですけど。
大入道とか付喪神とか、色々な妖怪が出てくるし、江戸時代の暮らしぶりが生き生きと描かれているし、面白く読み終えました。

「失踪症候群」 貫井徳郎
毎度おなじみ、何故か読むのが好きな貫井作品。
「慟哭」ほどの読みにくさは感じずに、素直に読み進める。

若者が失踪する事態が多発。
ソレを、警視庁の特命を受けた男が捜査する。
一言で言ったら、これがすべてです(笑)
失踪する事が事件じゃなくて、失踪した事で殺人事件が起きるのが事件です。

其処に、ドラッグが絡んできたり、戸籍を取り替える取次ぎをする人が出てきたり。
サイドストーリーとして、親子の確執。
すんなり読み終えました。

らしいちゃあ、らしい作品なんですけど、物足りなかった・・・。
貫井作品といえば、考え込むのが多いので、我儘な読者ですみません(笑)
3部作のようなので、続けて残り2作も読むことでしょう。

基本的に、小説は文庫になってから買うようにしています。
雑誌はすぐに捨てれるんですけど、小説は処分が出来ない性格なの。
ハードカバーだと、場所をとって仕方が無い!
ハードカバーでどうしても読みたいときは、図書館か妹に買わせる(笑)
それでも、最近増殖してきて困っております。
直ぐに手にとれて、綺麗に収納できる方法って?
私には、分かりませ~ン。
お家のリフォームか????
お金が無いので、ソレも出来ませ~~~ン。

[PR]

by yoshimi00721 | 2006-06-03 20:53 | お楽しみ

昨日今日と読書しておりましたので。
イン・ザ・プール(奥田英朗) ・ 被害者は誰?(貫井徳朗) ・ グルメ探偵、特別料理を盗む(ピーター・キング)
おまけとして、VOGUE。

イン・ザ・プール
読まれた方も多いんでは?
これが今回読んだ中では、一番お勧めかな。
とんでもない精神科医が治療するお話です。
この医者が、注射フェチ(必要もないのに、注射針が刺さる瞬間を見たいだけで患者に注射する!)、マザコン、デブ!!
子供じみた我儘さで患者さんたちを振り回す。
でもね~、患者さんたちは直っていくのですよ。
今の時代誰もが、心療内科にかかる可能性が有りますよね、私ももしかしたら明日にでもかかるかもしれない、そんな時にはこんな医者が良いな。
最初は戸惑うだろうし、困惑するかもしれないけれど、お薬だけじゃ治らない病気には、これくらいの医者がいてもいいかなと思う。
さくさく読み進めたので、かなり速読で読んでしまいました。

被害者は誰?
昔、海外ミステリーのP.マガー(うろ覚えなので間違えていたら失礼しました)で、同じタイトルで、同じ内容のものを読んだ記憶があります。
ワタクシ、この作家さんの本にかなりはまって、4~5冊続けて読んだ記憶があります。
なので、どうしてもその本と比べてしまう・・・。
読み応えとか、最初に受けた衝撃は最初に読んだ本の方が、ヤッパリ強いですよね。
貫井氏の小説にしては、読みやすかったし・・・。
短編集です。
普通のミステリーとは反対の、犯人は判っているのですが被害者が誰なのか判らない。
パターン違いで、目撃者を捜す。
最後は、探偵を捜す。
の3篇で成り立っているのです。
目新しい、ミステリーが読みたいときには良いかな?

グルメ探偵
これは、ワタクシの趣味で買った本なので、お勧めはいたしません(笑)
海外ミステリーがお好きな方でも、正統派のミステリーじゃないのでね。
パラっと立ち読みしたら、料理が沢山出てきたので買っちゃいました。
読んでいるだけで、想像するのが楽しいの~。
訳がわからない食材とかも沢山出てくるから、イギリスに行ったら食べたいわ~とか(笑)
ワインも沢山出てきますが、普段から産地とかドウでもイイや~とかって飲んでいるので、判ったのはシャンパンの銘柄くらい(だって~クリコとドンペリだもん)

ミステリーとしては、探偵が探偵として機能していないので、犯人あてとかはどうかな~?
グルメ探偵って、食材を探し出したり、秘密のレシピを調べるのがお仕事なので、探偵とは言え素人なんだからしょうがないんです。
美味しそうなお料理とワインとクラッシック音楽が沢山出てきます。
カタカナの名前が沢山出てきても大丈夫な、食いしん坊さん暇な時にどうぞ。

VOGUE
私が読んでウ~ンと思ったのは、変わる女、変わらない女。
変わらない女代表でメグ・ライアン。
彼女自身は変わりたいと思っているのに、世間がソレを許してくれないジレンマについて書かれていました。
変われない女、あえてか変わらない女、変わりたい女と女優たちが載っていたんですけど。
それぞれに対する評価は、現在の女優としての活躍度にも偏っていると思う。

私自身は、変わっていたいですね。
変化しないってのは、成長していないような気がするし。
年をとって皺が出来るのは仕方が無いけど、汚くはなりたくないので努力しましょうか。
皺は魅力的に見えるけど、しみはそうじゃないので、美白には励まないと!とか。
私はそう思っています、外見に関してはね。
中身は、本を読んだり、好奇心は沢山持ちたい。
何時までも感動できる心は失いたくない。
それって、やっぱり変化していかないと無理なんじゃないかな~って思うんです、私は。
人は最初に感動しても、ソレを持続させる事は難しいんですよね。
新しい感動を体験したかったら、新しい何かを見つけないとね。

そんな事を言っているけど、体がしんどかったら寝ているし。
そうそう、理想通りにはいきませんよね。
思っていることが大切だと信じて、出来る範囲で努力するつもり・・・。
手抜きもしつつ・・・人には生き抜きも大切だし(笑)
体に悪い事もイッパイしているだろうし。
いい事をしつつ、悪い事をするのが人間らしいんですよね・・・。

[PR]

by yoshimi00721 | 2006-05-28 20:43 | お楽しみ

我が母は、旅行中でございます。
明日までは、東京。
明日帰ってきて、明後日からは北海道へ。
元気なオバサンです。
なので、母の日のプレゼントは・・・現金!(笑)
旅行で、美味しい物でも食べてきてくださいと、お渡ししました。
現実的な親子なのでございます。

本日は一日本を読んで過ごしました。
蒼穹の昴(1)
浅田 次郎 / 講談社
ISBN : 4062748916



1巻から4巻まで一気に読みました。
読み出したら、止まらない。
歴史的事実と自分たちが思い込んでいることのギャップ。
小説だから、事実かどうかはこれまた?ですが、少なくとも思い込んでいた事実とは違う面があるという事、それを判らせてくれました。

いわゆる「西太后」を取り巻く人たちのお話。
宿命に振り回され、抗い、自分で道を切り開く。
自分の生きていく道は、自分で切り開ける。
強く希望を持って生きていけば宿命は変わるのよね!

浅田氏の小説を読むたびに感じるのですが、心に強く思うこと、希望だったり、愛情だったりするけど、それはヤハリ生きていくのに大切なんだ!!
夢、若い人にしか持てない物なのか?
その年令に応じた、夢をヤハリもてた方がいいのですね。

私が夢を持つと、無謀な夢を見がちなのですが・・・。
実現可能な範囲で、見ることに。
まずは、今年は海外に脱出する事!
これも、いちばん簡単な夢なのでは?

モット小さな夢だったら・・・飲んだくれて、食い倒れる事ととか言いたいけど、体のことを考えると、やめておきましょう~。

[PR]

by yoshimi00721 | 2006-05-14 19:06 | その他