母の日ですが

我が母は、旅行中でございます。
明日までは、東京。
明日帰ってきて、明後日からは北海道へ。
元気なオバサンです。
なので、母の日のプレゼントは・・・現金!(笑)
旅行で、美味しい物でも食べてきてくださいと、お渡ししました。
現実的な親子なのでございます。

本日は一日本を読んで過ごしました。
蒼穹の昴(1)
浅田 次郎 / 講談社
ISBN : 4062748916



1巻から4巻まで一気に読みました。
読み出したら、止まらない。
歴史的事実と自分たちが思い込んでいることのギャップ。
小説だから、事実かどうかはこれまた?ですが、少なくとも思い込んでいた事実とは違う面があるという事、それを判らせてくれました。

いわゆる「西太后」を取り巻く人たちのお話。
宿命に振り回され、抗い、自分で道を切り開く。
自分の生きていく道は、自分で切り開ける。
強く希望を持って生きていけば宿命は変わるのよね!

浅田氏の小説を読むたびに感じるのですが、心に強く思うこと、希望だったり、愛情だったりするけど、それはヤハリ生きていくのに大切なんだ!!
夢、若い人にしか持てない物なのか?
その年令に応じた、夢をヤハリもてた方がいいのですね。

私が夢を持つと、無謀な夢を見がちなのですが・・・。
実現可能な範囲で、見ることに。
まずは、今年は海外に脱出する事!
これも、いちばん簡単な夢なのでは?

モット小さな夢だったら・・・飲んだくれて、食い倒れる事ととか言いたいけど、体のことを考えると、やめておきましょう~。

[PR]

by yoshimi00721 | 2006-05-14 19:06 | その他